『フランス組曲』 イレーヌ・ネミロフスキー、(訳)野崎 歓、平岡 敦

評価:
イレーヌ ネミロフスキー
白水社
¥ 3,780
(2012-10-25)

20世紀が遺した最大の奇跡。アウシュヴィッツに散った作家のトランクに眠っていた、美しき旋律――
1940年初夏、ドイツ軍の進撃を控えて南へと避難するパリの人々。占領下、征服者たちとの緊迫した日々を送る田舎町の住人たち。それぞれの極限状態で露わとなる市井の人々の性(さが)を、透徹した筆で描いた傑作長篇。'04年ルノードー賞受賞。

物語の波に足をとられ、感情という感情が胸を突き上げるすばらしい読みごたえ。
さらに巻末の『資料』をひもとき、この小説が書かれた背景、発表された経緯を知ることで、ますます心がうち震えた私でした。この奇跡的な物語の外側から、もうひとつの奇跡が生々しく伝わってくるのです。

第一章『六月の嵐』は、ドイツ軍から我先に逃れようとする、パリ市民たちの「大脱出(エクソダス)」を語ってゆきます。裕福なブルジョワ一家、名の知れた作家と愛人、銀行幹部、その銀行の会計係夫婦・・・いくつもの章立てで予想外のできごとをつぎつぎに紡いでゆく、オムニバス映画のような群像劇。
第二章『ドルチェ』は、第一章で描かれたミショー夫妻がひととき身をよせた田舎町ビュシーが舞台。ドイツ軍将校たちがフランス人家族の家に住みつく占領下の生活のなかで、るすを守る女性と魅惑的なドイツ兵の危うい交流が描かれてゆきます。

時に指先でやさしくつまびくように、時に重苦しく不協和音を轟かせるように、うねりながら連なる壮大な「組曲」。
繊細な季節のうつろい、グロテスクな殺人、猫のひそやかな息遣い・・・シーンごとにさまざまな表情をみせる旋律のなかに人びとの獣めいた本性があぶり出されます。恐怖も絶望も悪意も・・・、内に秘めた憎しみや、恋心さえも。
だれもが知るように、人間とは複雑な存在だ。いくつにも分裂していて、ときには思いがけないものが潜んでいる。(中略)嵐のなかで人間を観察した者だけが、人間の何たるかを知りえるのだ。その人だけに、己の何たるかがわかる。

ネミロフスキーさんの頭のなかには全五章の構想があったそうです。けれど彼女は第二章を完結させたあと、強制収容所でその生涯を終えています。
私たちが永遠に知ることのできない‘物語のつづき’・・・。
生まれることなく亡霊となった物語たちは、どこをさまよっているの・・・?
そんなことを思いながら虚空をみつめていると、忍びよる死の予感のなかにいてさえ冷静なまなざしで‘人間’を描きつづけた彼女の意志や誇り、無念さがうかび上がってくるようでした。
はかなく散った、嵐のような物語の残響のむこうに。

(原題『Suite française』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『ロリータ』 ウラジーミル・ナボコフ、(訳)若島 正

評価:
ウラジーミル ナボコフ
新潮社
¥ 935
(2006-10-30)

ロリータ、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。舌の先が口蓋を三歩下がって、三歩めにそっと歯を叩く。ロ。リー。タ。

語り手は、パリ生まれで裕福な家庭にそだった教養人のハンバート・ハンバート。彼には少年期の狂おしく不器用で悩ましい恋の相手アナベル・リーを喪った後遺症で、こまった性癖が芽生える。
それは9歳から14歳の少女、中でも特別な魅力を放つ小悪魔的な乙女「ニンフェット」にどうしようもなく惹かれてしまうというもの。
アメリカのニューイングランドに部屋を探す彼は、ヘイズ夫人の下宿を見に行き、そこでついに理想のニンフェットに出逢う。アナベルが転生したかのような12歳の少女ドロレス・ヘイズ――「我がロリータ」に。

物語は、拘留中に書かれたハンバートの手記、というカタチですすんでいきます。
随所にフランス語や古典文学からの引用が顔をだす、博識で流麗な文章。その本質はおぞましい性癖をもった中年男のどこまでもひとりよがりな独白なのに・・・。
そう。ハンバートの目線はやたら妄想めいていて、滑稽なほど美しくまとめ上げられているのです。こんなふうに大げさに形容されると、ロリータの実像がこれほど魅力的な少女だったのかどうかさえ怪しくなってしまうほど。

「ロリータ・コンプレックス」という言葉の語源にもなった有名なお話。
訳者あとがきにもあるとおり、多様な読み方ができそうですが、私はやはり先入観もあってか淫らな――時に可笑しな――少女偏愛小説として読み進めました。
熱にうかされたように綴られてゆく、ロリータへの異様な執着。愛しすぎるあまり、みずからの背徳的行為を正当化してしまう幼稚さと哀しい狂気。
小難しい上に、語り手にたいする嫌悪感もぬぐえないけれど、めまぐるしく変化するけだるい風景のなかに、一人の人間のグロテスクな内面が気味が悪いほど容赦なく描き出されています。

高い崖からその音楽的な震動に耳を傾け、控えめなつぶやき声を背景にして個々の叫び声が燦めくのに耳を傾けていると、私にはようやくわかった、絶望的なまでに痛ましいのは、私のそばにロリータがいないことではなく、彼女の声がその和音に加わっていないことなのだと。

(原題『LOLITA』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『夏のねこ』 ハワード・ノッツ、(訳)前沢 明枝

評価:
ハワード ノッツ
徳間書店
---
(2000-08)

夕ぐれどきになるとやってくる、ふしぎなねこ。
ひと目見たときから、ベンは、そのねこが、大好きになった。名前もつけてかわいがっていたのに、ある日、森のむこうに住むおばあさんのねこだということがわかって・・・。
どんなに好きでも自分のものにならないという悲しさをのりこえていく、小さなベンのすがたをやさしく描いた、心に残る物語。

(原題『THE SUMMER CAT』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『ふゆねこさん』 ハワード=ノッツ、(訳)まつおか きょうこ

やわらかな風あいの表紙をめくると、墨色一色の美しい冬枯れの森。
孤独なはいいろ猫と子どもたちの交流が、やさしくしっとりと描かれていく絵本です。

夏の野原で生まれた猫にとって、冬ははじめてのことばかり。
空からひらひら舞い落ちてくる白いもののことも知らないし、冬というものがどんなものなのかも知りません。猫は寒さに身をちぢませながら、にぎやかな子どもたちの姿をただ遠くから眺めていました。
ねこは、こどもたちの こえの きこえるところに います。
「また、あのねこが いるよ。」
「おいで、おいで。」
ねこは、こどもたちに こえを かけられるのは すきです。
でも、そばへ こられると にげだします。

やがてふゆねこさんのおくびょうな心はすこしずつほどけていって――・・・
クリスマスのお祝いがさりげなく背景に描かれる、ほのぼのとしずかな味わいのある物語。うれしいぬくもりが、読後の余韻をつつんでくれます。

(原題『THE WINTER CAT』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『わたしの美しい娘―ラプンツェル』 ドナ・ジョー・ナポリ、(訳)金原 瑞人、桑原 洋子

わたしたちはずっといっしょ。このまま永遠に。
娘の13歳の誕生日には新しいドレスを作ってあげよう。あの子の美しさを際立たせるすばらしいドレスを。小さな望みなら好きにかなえてやろう。わたしは幸せでたまらなかった。
どうしても子どもをもちたかった女は、魂とひきかえに自分の娘を手に入れた。だが、美しく成長した娘はひとりの若者と出会い、それを機に3人の運命は大きく変わり始める――。

どこまでも長く、美しい髪。森の奥の高い塔に幽閉されるお姫さま・・・子供の頃から憧れていた大好きなグリム童話『ラプンツェル』が、美しいおとなのための読み物に生まれ変わって届けられました。
自分の娘をもちたいという願いが叶わず、悪魔と取引をして娘を手に入れた母親と、素直で天真爛漫に育った娘・ツェル(ラプンツェル)。母親は永遠に娘とふたりきりで暮らしたいと願い、娘は自由をもとめて外の世界に憧れます。ある日のこと、町の市場でツェルは伯爵コンラッドと出逢い、そのことに危機感を抱いた母はツェルを森の奥の高い塔に閉じ込めてしまいました・・・。

強すぎるあまり、狂気にみち、いびつにねじ曲がってしまった母の愛情。童話のなかではおそろしいばかりの魔女だったこの母親が、このお話ではとても哀しく、胸を締めつけるほど狂おしく描かれています。
冒頭、ツェルと母親が暮らすアルムには、毎年やってきてはなぜか石を卵のつもりで温めるカモがいるのですが、ツェルに有精卵をプレゼントされたこのカモに、母親が自分の運命をかさねる場面・・・
カモは許さなければいけない。慈悲がなくてはいけないのだ。ほかのカモの産んだ卵を愛せるということを、ツェルはその目で確かめなくてはならない。そう、もらわれてきたこの卵に、本物の母親と同じくらい――いやそれ以上の愛情を注げるということを。
その深い哀しみと深い愛に、ぞっとするような淋しさを感じてしまった私でした。

ひとめぼれした美しい娘・ツェルを探しつづけるコンラッドと、閉ざされた場所でひたすら長い時をすごし幻覚まで見てしまうかわいそうなツェル。おしまいは童話どおりの、みんながよく知っているハッピーエンドが待っています。
けれど私にとってほんとうに‘めでたしめでたし’だったのは、ツェル自身「母」となり、アルムで母親と暮らした13年を思い返したとき、「母はいい母親だった」と思えたところ。「必要に迫られれば、人は信じられないほど恐ろしいことや、考えられないようなことをしてしまうことがある」と知っているところ。
あんなひどい目に遭っても、間違ったかたちであっても、それもまた愛だった。そう感じてきっとツェルは母親を赦したんだね・・・そんなふうに思えたから、この物語がますますいとおしくなりました。

(原題『Zel』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『善良な町長の物語』 アンドリュー・ニコル、(訳)伊達 淳

評価:
アンドリュー ニコル
白水社
¥ 2,835
(2009-11)

お人好しの町長が人妻の秘書に恋をした!
バルト海の沿岸、路面電車が走る小さな町に起こる奇跡とは?
守護聖人、占い師、サーカス団・・・ふしぎな語り口で魅了する、せつない純愛物語。

青い空、はてしない水平線、牧歌的な美しい町並み、カフェに香りたつコーヒー・・・。北欧の小さな町・ドットで、町民たちから善良な町長さんとして慕われているティボ・クロビッチが秘書のアガーテ・ストパックに恋をするお話です。
アガーテは人妻。セックスレスの夫婦生活になやめる彼女は、純朴な町長とランチをともにするようになり、どんどんとティボに惹かれてゆきます。
アガーテにそっくりな女性が描かれたポストカードを買い求め、愛のメッセージを贈ったり(このポストカードこそがこの本の装画に使われているベラスケスの『鏡のヴィーナス』)、アガーテの憧れの地でいっしょに暮らす夢を語り合ったり・・・それはそれはピュアでかわいらしいふたりの恋。
けれどもティボは彼女になかなか手を出さず、待ちきれないアガーテは夫の従弟でろくでなしの画家・ヘクターと関係してしまい――・・・

このお話がユニークなのは、語り手がこの町の守護聖人・ヴァルプルニア(髭をはやした聖女)であるところ。そして、前半こそ町長や町の人びとの日常が淡々と描かれていくのに、後半は一転してマジック・リアリズムめいた要素が加わり、幻想小説へと様変わりしてしまうところ。
町のカフェを営む自称「魔女の家系」のママ・セザールの呪文、幻のサーカス団・・・そしてアガーテは、なんとも信じられない「変身」を始めて・・・?!

春のようなかろやかさと、嵐のような激しさを秘めたファンタスティックな純愛小説。
純粋な町長の恋を応援するうちにずいぶん遠くまで流されてしまったなぁ・・・なんてちょっぴり遠い目の私。
読後には、壮大な夢をみた後のような、うっとりとしたため息がこぼれました。
「ぼくが辿り着きたいところはどこでもなくきみのそばなんだ。きみの他に誰がぼくが砂糖をいくつ入れるか知っている?」

(原題『The Good Mayor』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『セーラーとペッカ スウェーデン生まれのおかしな二人』(全5巻) ヨックム・ノードストリューム、(訳)菱木 晃子

評価:
ヨックム・ノードストリューム
偕成社
¥ 6,825
(2008-04)

すこし前に本屋さんでひとめぼれしてしまい・・・5巻セットを大人買い!
『セーラーとペッカ、町へいく』、『いったいどうした?セーラーとペッカ』、『セーラーとペッカの日曜日』、『セーラーとペッカの運だめし』、『セーラーとペッカは似た者どうし』のおはなしが函に入っているのですが、もちろんばらばらでも売られています。

そこはかとなく可笑しくて、のんびりと愉快。とっても愛くるしいセーラーとペッカ!
絵もおはなしも最高で、このところ毎日ひらいて読んでいます。読むたびに新しい、これはそんな絵本なのです。
壁紙やお部屋に置いてある椅子などの北欧インテリアも魅力的だし、洋服を着たゴキブリやおさるさんなどの突然の出現、コラージュや遊び心もたっぷりで、思わず本をさかさまにしてみたくなる場面も。
ものごとが一件落着したあとで、ゆるーく流れるふたりきりの時間がなによりいいです。なんていうのかしら・・・心から安心できてくつろぐ感じ。
ぎゅうううっと抱きしめたくなる、ひとりじめしたくなる、そしてなにげない日常が心からいとおしくなる・・・セーラーとペッカに出逢えてほんとうにうれしい!!

(原題『SAILOR OCH PEKKA GÖR ÄRENDEN PÅ STAN』、『SAILOR BLIR SJUK』、『SAILOR OCH PEKKA OCH SÖNDAGEN』、『VAR ÄR SAILOR OCH PEKKA?』、『VARFÖR-DÄRFÖR SAILOR OCH PEKKA』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『逃れの森の魔女』 ドナ・ジョー・ナポリ、(訳)金原 瑞人、久慈 美貴

評価:
ドナ・ジョー ナポリ
青山出版社
---
(2000-02)

幼いころ好きでよく読んでいた世界の童話たち。
作者のドナ・ジョー・ナポリさんは、そんな誰もが一度は耳にしたことのある童話からヒントをえた新感覚の物語をいくつも書かれている作家さんで、こちらはグリムの『ヘンゼルとグレーテル』をもとに書かれたお話です。
ひとつ視点を変えただけで、こんなふうにちがって見える・・・物語って、変幻自在の生き物みたい。童話のなかでは、森にまよい込んだヘンゼルとグレーテルを食べてしまおうとたくらむ悪い魔女。でも、魔女目線でつむがれたもうひとつの物語はひどく哀しく、ひどくせつないものでした。

容姿は醜いけれど、娘を愛する心やさしい産婆だったひとりの母親。彼女はいつしか、病気の源である悪魔をあやつって人びとの病を癒す女魔術師として活躍するようになります。けれど狡猾な悪魔の策略にひっかかり、美しいものに惑わされた彼女は魔女にされてしまいました。「人間の子どもを食え」という悪魔の声にあらがって、深い深い森へと逃げこみ、彼女がつくり上げたお菓子の家。ある日そこへ、ヘンゼルとグレーテルという愛らしい子どもたちが迷いこんできて――。
 
なぜ魔女は、深い森のなかにあまいあまいお菓子の家を建てたのでしょう。
なぜ魔女は、愚かしいほどいともたやすくグレーテルに殺されてしまうのでしょう。
孤独な魔女の心の葛藤に、誰の心にも悪魔はひそんでいて、なにかよからぬことを囁きかけている・・・そんな私自身も思い当たる甘い誘惑を重ね合わせていました。誰かを信じたい、信じられるものが欲しい・・・その魂が純粋であればあるほど、強ければ強いほど、心を侵食する悪魔の残忍さが際だつようです。

「きれいだと思うかい?」
「きれい? うん、そうかもしれない。でもきれいっていうより、けがれてないのよ。大事なのはそっちでしょ」

(原題『The Magic Circle』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『ジベルニィのシャーロット』 ジョアン・マックファイル・ナイト、(絵)メリッサ・スウィート、(訳)江國 香織

評価:
ジョアン・マックファイル ナイト
BL出版
¥ 1,680
(2004-04)

1892年、アメリカからフランスのジベルニィにやってきたシャーロット。彼女は、印象派の画家たちが多くすむこの土地をたちまち気に入ります。仲よくなった新しい友だち、覚えたばかりのフランス語、興奮して眠れなかったモネの娘の結婚式。彼女は日々の出来事をみずみずしい感性で日記に綴っていくのです・・・。史実をまじえながら、数々の名画や、愛らしいコラージュをちりばめたフィクション。

ジベルニィを知っていますか? 有名な「モネの庭」があるフランスの小さな村です。
1890年代、この地に家族といっしょに移住した画家はとても多かったそうで、この本の主人公・シャーロットも、画家のお父さんにつれられてジベルニィにやってきた、そんな設定の少女として描かれています。
シャーロットが日記帖に書きとめた、まばゆいばかりの新しい日々たち。
ほのぼのと可愛いイラストや白黒の写真、グリーティングカードや印象派の絵画・・・それにレースやボタン、薔薇の花びらなどを駆使したコラージュが日焼けした質感をもたせた紙のうえで楽しそうにおさまって、頁の奥からジベルニィの風がそよそよと渡ってきそう。
まるで、かつて印象派の画家たちが見ていたはずのフランスの光や風――それはまさに彼らの‘夢’だったのでしょう――がそのまんまの色と匂いでとじ込められているような本。江國さんの訳文も、かわいらしくてとてもいいです。

(原題『Charlotte in Giverny』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語』 ペーター・ニクル、(絵)ビネッテ・シュレーダー、(訳)矢川 澄子

マチアスくんは、ある日ちいさな白い機関車を完成させたが、工場長にとりあげられてしまった。がっかりして町を出ていったマチアスのあとを追って、ちいさな機関車のふしぎな旅がはじまる。

ちいさく白い妖精のようなお嬢さん機関車が、つくり手のちびのマチアスを追って山のお城や荒れ野、石炭山のなかを駆け抜けていくおはなしです。
隅々までたんねんに描きこまれた、魔法みたいに幻想的で美しいシュレーダーさんの絵がほんとさいこうに魅力的。
思わず惹きこまれ、時間を忘れてぼうーっと見入ってしまう絵本です。

(原題『Ra ta ta tam. Die seltsame Geschichte einer kleinen Lok』)
Author: ことり
海外ナ行(その他) | permalink | - | -