年間ベスト〔2019〕 絵本・詩集編

2019年、41冊の絵本・詩集を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 再読本はふくみません。 → 一般書籍編

『サーベル夫人』 網代 幸介
『メルヘンティータイム』 宇野 亜喜良
『かがみとチコリ』 角野 栄子、(絵)及川 賢治
『不思議の国のアリス』 ルイス・キャロル、(絵)ドゥシャン・カーライ
『詩画集 プラテーロとわたし』 ファン・ラモン・ヒメネス、(絵)山本 容子
『くまのビーディーくん』 ドン=フリーマン
『オードリーのローマ』 オードリー・ヘプバーン
『ぼくのたび』 みやこし あきこ
『わたしと雨のふたりだけ』 ジョアン・ライダー、(絵)ドナルド・カリック
『ラストリゾート』 J.パトリック・ルイス、(絵)ロベルト・インノチェンティ


娘が小学校に入学した年。
絵本や物語を介しての会話もはずみました。母娘でおすすめ合いっこも。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2019〕 一般書籍編

2019年、183冊の本(一般書籍142冊+絵本・詩集41冊)を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。 → 絵本・詩集編

『昏き目の暗殺者』 マーガレット・アトウッド
彼女たちの場合は』 江國 香織
旅ドロップ』 江國 香織
『女坂』 円地 文子
犬が星見た―ロシア旅行』 武田 百合子
『遠い水平線』 アントニオ・タブッキ
『モスクワの伯爵』 エイモア・トールズ
掃除婦のための手引き書』 ルシア・ベルリン
『白鯨』 メルヴィル
『ピクニック・アット・ハンギングロック』 ジョーン・リンジー


私にとって、ことしはなんといっても「旅」でした。
家族ででかけた3度めのイタリア。須賀敦子さんの足跡を辿る美しい思い出。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2018〕 絵本・詩集編

2018年、50冊の絵本・詩集を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 再読本はふくみません。 → 一般書籍編

はるのワンピースをつくりに』 石井 睦美、(絵)布川 愛子
『恋の迷宮』 宇野 亞喜良
『ジュエルキャット』 おかだ なおこ
『美しい街』 尾形 亀之助
『女一匹』 佐野 洋子、広瀬 弦
はなびのひ』 たしろ ちさと
イギリス 野の花図鑑』 ヘンリー・テリー
『せかいいちのいちご』 林 木林、(絵)庄野 ナホコ
『ふしぎの国のアリス』 松本 かつぢ
『ふたごのうさぎ』 ダフネ・ロウター


ふわり、お菓子の国のような絵本世界へ娘とおでかけする幸せ。
のはなはるかさん、布川愛子さん、たしろちさとさんにお会いできました。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2018〕 一般書籍編

2018年、172冊の本(一般書籍122冊+絵本・詩集50冊)を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。 → 絵本・詩集編

『日本人の恋びと』 イサベル・アジェンデ
『少女たちは夜歩く』 宇佐美 まこと
江國香織童話集』 江國 香織
物語のなかとそと―江國香織散文集』 江國 香織
『たけこのぞう』 大濱 普美子
『斜陽』 太宰 治
ソロ』 ラーナー・ダスグプタ
『満ちみてる生』 ジョン・ファンテ
『奥のほそ道』 リチャード・フラナガン
『女神』 三島 由紀夫


娘の小学校受験で身も心もスレスレだった日々。よりそってくれた物語たち。
おかげさまで、春から某国立大学の附属小学校に通います♡
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2017〕 絵本・詩集編

2017年、76冊の絵本・詩集を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 再読本はふくみません。 → 一般書籍編

2ひきのねこ』 宇野 亞喜良
『わたげちゃん』 ポール・エリュアール、(絵)ジャクリーヌ・デュエム
森のノート』 酒井 駒子
『としょかんへ ぴょん!ぴょん!ぴょん!』 シルヴェストロ、(絵)マイ=ウィス
『ペーパードール』 田辺 聖子、(絵)宇野 亜喜良
『騎士とドラゴン』 トミー・デ・パオラ
『ねこねこきっちん』 はらだ みどり
『はくぶつかんのおしろのおんなのこ』 バーンハイマー、(絵)チェッコリ
『ごきげんならいおん』 ルイーズ・ファティオ、(絵)ロジャー・デュボアザン
『ぼうし』 ジャン・ブレット


娘と共有する絵本も多くなりました。
憧れの宇野亞喜良さんに2度もお会いでき、お声をかけていただいた幸せな年。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2017〕 一般書籍編

2017年、219冊の本(一般書籍143冊+絵本・詩集76冊)を読みました。
心にのこった15冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。 → 絵本・詩集編

『ふたつの海のあいだで』 カルミネ・アバーテ
『サラサーテの盤』 内田 百
『色ざんげ』 宇野 千代
なかなか暮れない夏の夕暮れ』 江國 香織
『きもの』 幸田 文
『浮遊霊ブラジル』 津村 記久子
『僕とおばあさんとイリコとイラリオン』 ノダル・ドゥンバゼ
『花伽藍』 中山 可穂
『トムは真夜中の庭で』 フィリパ・ピアス
『天上の花―三好達治抄』 萩原 葉子
『彼方なる歌に耳を澄ませよ』 アリステア・マクラウド
『本格小説』 水村 美苗
『湖畔荘』 ケイト・モートン
『東方綺譚』 マルグリット・ユルスナール
『おるもすと』 吉田 篤弘


公私ともに充実した生活のなかで、やはり本の占めるぶぶんは大きい。
聖なる夜に『ホリー・ガーデン』の舞台(下北沢)で江國さんとお会いできました♡
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2016〕 絵本・詩集編

2016年、74冊の絵本・詩集を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 再読本はふくみません。 → 一般書籍編

『よるのねこ』 ダーロフ・イプカー
『ネコとクラリネットふき』 岡田 淳
『おいで、もんしろ蝶』 工藤 直子、(絵)皆川 明
『Hôtel』 黒井 健
『パンタロンとケーキやさん』 キャサリン・ジャクソン、(絵)レナード・ワイスガード
うさぎマンション』 のはな はるか
『すきになったら』 ヒグチ ユウコ
『はらぺこ ガズラー』 ハアコン・ビョルクリット
『かぼちゃひこうせん ぷっくらこ』 レンナード・ヘルシング、(絵)スベン・オットー
『くんちゃんのだいりょこう』 ドロシー・マリノ


娘に読み聞かせた絵本たちはカウントしていません。
幼稚園で「図書委員」を務めた一年。園を通しての出逢いにも感謝。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2016〕 一般書籍編

2016年、246冊の本(一般書籍172冊+絵本・詩集74冊)を読みました。
心にのこった15冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。 → 絵本・詩集編

『夢の果て―安房直子 十七の物語』 安房 直子
『日の名残り』 カズオ・イシグロ
『灯台守の話』 ジャネット・ウィンターソン
『赤い薔薇ソースの伝説』 ラウラ・エスキヴェル
『竸Г離丱后獣司嗅昇鄙』 小沼 丹
『殺人交叉点』 フレッド・カサック
『遠い声 遠い部屋』 トルーマン・カポーティ
『うつろ舟』 澁澤 龍彦
『ユングフラウの月』 庄野 英二
『美食倶楽部―谷崎潤一郎大正作品集』 谷崎 潤一郎
『アレクサンドリア四重奏』 ロレンス・ダレル
『すべての見えない光』 アンソニー・ドーア
『冬の犬』 アリステア・マクラウド
『夜鳥』 モーリス・ルヴェル
『ペドロ・パラモ』 フアン・ルルフォ


短篇小説の当たり年。幻夢をたゆたう物語にますます惹かれがちです。
『須賀敦子全集』を通読したり、江國さんと本のお話ができたこともよき思い出♡
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2015〕 絵本・詩集編

2015年、65冊の絵本・詩集を読みました。
心にのこった10冊です。
■ 作家名50音順 ■ 再読本はふくみません。 → 一般書籍編

『森のおひめさま』 ジビュレ・フォン・オルファース
『ジオジオのかんむり』 岸田 衿子、(絵)中谷 千代子
『指輪の猫』 熊井 明子、(絵)宇野 亜喜良
『ろばくん一代記』 フィリップ・デュマ
『ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式』 ロベール・ドアノー
『グリム幻想―女たちの15の伝説』 古井 由吉、(絵)東 逸子
『ちいさなメリーゴーランド』 マーシャ・ブラウン
『ウサギの本』 松浦 寿輝、(絵)米田 民穂
『ジェインのもうふ』 アーサー=ミラー、(絵)アル=パーカー
『どうぶつたちのおかいもの』 渡辺 茂男、(絵)太田 大八


娘に読み聞かせた絵本たちはカウントしていません。
でも、娘と共通して好きな絵本もちらほら・・・。心をつなぐすてきな魔法。
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -
 
 

年間ベスト〔2015〕 一般書籍編

2015年、208冊の本(一般書籍143冊+絵本・詩集65冊)を読みました。
心にのこった20冊です。
■ 作家名50音順 ■ 絵本、詩集、再読本はふくみません。 → 絵本・詩集編

『屋根裏部屋の花たち』 V・C・アンドリュース
『ストーナー』 ジョン・ウィリアムズ
『大人の絵本』 宇野 千代
『ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ』 金井 美恵子
『ヒストリー・オブ・ラヴ』 ニコール・クラウス
『青い麦』 コレット
『人魚の嘆き 魔術師』 谷崎 潤一郎
『インド夜想曲』 アントニオ・タブッキ
『容疑者の夜行列車』 多和田 葉子
『女生徒』 太宰 治
『恋のお守り』 W・デ・ラ・メア
『愛すればこそ』 デュ・モーリア
『恋と夏』 ウィリアム・トレヴァー
『抱擁』 A・S・バイアット
『夜と霧』 ヴィクトール・E・フランクル
『潟湖(ラグーン)』 ジャネット・フレイム
『夏の黄昏』 マッカラーズ
『倒立する塔の殺人』 皆川 博子
『エドウィン・マルハウス―あるアメリカ作家の生と死』 スティーヴン・ミルハウザー
『死の接吻』 アイラ・レヴィン


ダフネ・デュ・モーリアさんの絶版本(長編)を読みあさった年でした。
憧れの江國香織さんにまたもやまぢかでお目にかかる機会も♡
Author: ことり
ことりの年間ベスト | permalink | - | -