『有頂天家族』 森見 登美彦

評価:
森見 登美彦
幻冬舎
¥ 1,575
(2007-09-25)

時は現代。下鴨神社糺ノ森(ただすのもり)には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。

主人公は狸。さまざまなものに化け、天狗を師と仰ぐ・・・そんなウソみたいな設定をウソみたいにすんなりと受け入れてしまい、狸と天狗と人間たちが巻き起こす三つ巴騒動から目がはなせなくなっていました。
狸界を率いる「偽右衛門」だった偉大な父が人間たちに鍋にされ、遺された下鴨四兄弟。長兄・矢一郎は生真面目だけど土壇場に弱く、次兄・矢二郎は蛙になって井戸暮らし。「私」・矢三郎はオモシロ主義がいきすぎて周囲を困らせ、弟・矢四郎は化けてもつい尻尾を出す未熟者。雷嫌いな母をまもって肩をよせあい暮らしています。
からだに流れる阿呆の血を誇り、とことん阿呆に徹する狸の一家。そんな彼らが「面白きことは良きことなり!」と一丸となって逆境に立ち向かう・・・家族の絆とつつみ込むような母の愛にいつのまにかほろっとさせられているのです。

人に化けた狸が携帯電話をつかい、コンビニで買い物、電車にだって乗ってしまう・・それが当たり前の世界。タカラヅカファンの母狸、毛玉にしかみえない狸の長老、美女にふられてやさぐれる天狗の先生など、想像するだけでころころと楽しくて。
緊張感の高まる場面がいくつもあるのに、主人公が狸だからなのかしら・・・、どこかほのぼのとしていて、オモシロおかしいのですよね。なんとなく、宮崎アニメな世界。
「これもまた、阿呆の血のしからしむるところだ。」
狸たちのささやきが聴こえてきそうです。
Author: ことり
国内ま行(森見 登美彦) | permalink | - | -
 
 

『夜は短し歩けよ乙女』 森見 登美彦

評価:
森見 登美彦
角川書店
¥ 1,575
(2006-11-29)

鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリー!
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。
二人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった!

ああ、とっても愉快なお話でした。
「乙女」の言葉を借りるなら、オモチロかったというべきかしら。
ひと癖もふた癖もある可愛くてたまらない登場人物たち。くり広げられるのは、夢なのかファンタジーなのか――妙ちきりんなのにあたたかい、めくるめく日常。
ロマンチック・エンジン全開で「乙女」をつけ回し、偶然を装ってはお近づきになろうとする先輩・・・。でもそんな彼が忌まわしきストーカーに成り下がらないのは、彼の純情っぷりはもちろん、一連の騒動が「乙女」側からも語られているせい。彼女はあらゆる街角で先輩と出会うのを、ほんとうに偶然と信じているのです。

近年まれにみる天然素材の「黒髪の乙女」が、夜の先斗町で酒豪対決、古本市では神様と出会い、学園祭のゲリラ劇で主役をはって・・・不思議でオモチロイ一年がまたたくまに過ぎ去り、ひとつの‘片想い’が大団円を迎えるまで。
「おともだちパンチ」「偽電気ブラン」「ナカメ作戦」「偏屈王」「韋駄天コタツ」「プリンセス・ダルマ」「象の尻」「パンツ総番長」・・・思わずププっとふきだしてしまったおかしなものたちがみるみるつながっていく様子がなんとも壮観でした。
あまりにも御都合主義?!なラストも微笑ましくてニッコリほっこり。どうかこの本がたくさんの方に読んでもらえますように。なむなむ!
Author: ことり
国内ま行(森見 登美彦) | permalink | - | -
 
 

『きつねのはなし』 森見 登美彦

評価:
森見 登美彦
新潮社
¥ 1,512
(2006-10-28)

京の骨董店「芳蓮堂」をめぐる、妖しくも美しい幻燈に彩られた奇譚集。

夕闇にしずんだ京都。
幻想的な灯火、水をうった石畳、頼りなげにゆれる川べりの柳の葉――排他的な雰囲気のただよう街。昼間とはまたちがった幽玄な夜の顔。
そんな京都のほの昏い路地の奥、日常と隣りあわせに広がる異界を描く『きつねのはなし』、『果実の中の龍』、『魔』、『水神』。4話間の繋がりは、あったと思えばひらりとかわされ、そればかりか混沌としていく世界にますます惑わされてしまいました。
芳蓮堂の主人は誰?竹林の奥の古いお屋敷に住んでいるのは?
差し出したもの、そしてうしなったもの、あれはいったい・・・?
まるで伏見稲荷の延々とつらなる鳥居のした、ふっと‘世界’に落っこちて、狐に化かされたまま朱いトンネルから抜け出せない・・歩けば歩くほど深みにはまっていくような、そんなうす気味悪い錯覚のなかで読んだ本。読み終えてなお、うまく抜け出せたのかどうか自信がない私です・・・。

太陽の塔』ではかなり饒舌だった森見さんですが、こちらではよけいなものがそぎ落とされた静かな文章で、虚実のあわいにある不可思議な世界にいざなってくれています。
文中の美しい風景描写を読んでいると、頭のなかにその景色たちがうかんできて、神社、竹藪、池、蝋燭、蔵、など日本古来の、美しくてちょっとおぞましい物たちがうまくお話のなかで怖さをかもし出しているのが印象的でした。
Author: ことり
国内ま行(森見 登美彦) | permalink | - | -
 
 

『太陽の塔』 森見 登美彦

評価:
森見 登美彦
新潮社
¥ 420
(2006-05)

京大5回生の森本は「研究」と称して自分をふった女の子の後を日々つけ回していた。
男臭い妄想の世界にどっぷりとつかった彼は、カップルを憎悪する女っ気のない友人たちとクリスマス打倒を目指しておかしな計画を立てるのだが・・・。

第15回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
ファンタジーノベル大賞って懐が深いなあ、読み終えてそんな思いがよぎります。
ファンタジーとは、魔法、霊界、ワープだとかに代表される、そんな幻想的で現実ばなれしているものばかりを指すのだと思っていた私。だけどこの本に描かれているのは、ただひたすら妄想・妄想!モテない京大生のめくるめく日々の妄想、鬱屈した思いの断片が、ちょっぴり時代がかったごつごつした文体で、大マジメに縷々独白されていくお話なのです。
でも。‘幻想的’で‘現実ばなれ’――そうかも、‘妄想’ってりっぱにファンタジーなのかも・・・!

一歩まちがえればストーカー。なのになぜか憎めない、かわいいヤツら。
このなんともいえずマジメじみた独特の文体がそう感じさせてしまうのかしら。
現実にちかくにいたら、ぜったい鬱陶しい。でも、このお話にかぎっては、おもしろいから許せちゃう。
Author: ことり
国内ま行(森見 登美彦) | permalink | - | -