『白痴 青鬼の褌を洗う女』 坂口 安吾

“戯作者”の精神を激しく新たに生き直し、俗世の贋の価値観に痛烈な風穴をあける坂口安吾の世界。
「堕落論」と通底する「白痴」「青鬼の褌を洗う女」等を収録。奔放不羈な精神と鋭い透視に析出された“肉体”の共存――可能性を探る時代の補助線――感性の贅肉をとる力業。

どこか屈折した女体への憧れ。
妖しさと湿りけを帯びたひと味ちがった色恋の数々――全13編を収めた短篇集。
ものうい雰囲気がしだいに緊張を増し、爆風のような気迫が押しよせてくる『白痴』がすばらしく印象的でした。

『白痴』
時は第二次世界大戦、新聞記者の伊沢の隣には気違いの一家が住んでいた。
気違いの女房は白痴で、ある日彼女が伊沢の家に逃げこんでくる。女をかくまうことにした伊沢。空襲におびえるなかで白痴の女との奇妙な生活がはじまる・・・。
白痴の苦悶は、子供達の大きな目とは似ても似つかぬものであった。それはただ本能的な死への恐怖と死への苦悶があるだけで、それは人間のものではなく、虫のものですらもなく、醜悪な一つの動きがあるのみだった。(中略)
人は絶対の孤独というが他の存在を自覚してのみ絶対の孤独も有り得るので、かほどまで盲目的な、無自覚な、絶対的な孤独が有り得ようか。それは芋虫の孤独であり、その絶対の孤独の相のあさましさ。心の影の片鱗もない苦悶の相の見るに堪えぬ醜悪さ。
理智や抑制や抵抗をそぎ取った時、うかび上がってくる人間の本質について考えました。「絶対的な孤独」。人は、最終的に白痴へと立ち返っていくのでしょうか・・・。

女性の一人称で語られるお話がいくつかあって(『青鬼の褌を洗う女』もそう)、男性目線で書かれたものとの対比もまた面白いです。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『道徳という名の少年』 桜庭 一樹

評価:
桜庭 一樹
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,365
(2010-05-11)

町でいちばんの美女が父なし子をつぎつぎに産み落とした。
娘たちの名前は上から順に1、2、3、悠久。やがて女は町を出てゆき、旅の商人とのあいだに生まれたらしき四姉妹の弟(道徳)をつれ帰る――
溶けたバターのような黄色い目と薔薇のかんばせを代々受け継ぐ一族の物語。

うす墨で描かれた淫らな少女たち、血を思わせる赤い装飾。
ひらいた頁から、ぬらぬらと艶かしい妖気が立ち上り、肌にまとわりつくよう。
生まれた時すでにその血は背徳にまみれていながら「道徳」と名づけられた少年・・・彼からはじまる物語もまた、おぞましいほどに道徳にそむいていきます。
娼婦、近親相姦、そして殺人。黄色い目と薔薇のかんばせとともに、一族にどこまでも受け継がれていく背徳の精神。まやかしの‘自由’がもたらす残酷で哀しみを帯びた顛末は、なんだかあまやかな呪いのようにも感じられました。つめたい真珠が喉をつるりとすべり落ちていく、そんなひとときの官能・・・。

どこか『百年の孤独』(ガルシア=マルケス)を連想させる異国情緒。
エロティックでグロテスクな、大人のための童話でした。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『十四分の一の月』 ささめや ゆき

評価:
ささめや ゆき
幻戯書房
¥ 3,045
(2009-12)

鎌倉でめぐりあった三島、太宰、澁澤、中也、小津、黒澤――
絵筆とめぐったパリ、ニューヨーク、モスクワ。
月の満ち欠けに寄り添った、文字と絵のスケッチ。カラーイラスト満載。

ささめやゆきさんを初めて知ったのは、江國香織さんのエッセイ『いくつもの週末』の装画で・・・だったでしょうか。その後も絵本や挿絵などでたびたび彼の作品にはふれてきた私ですが、エッセイははじめて読みました。
絵描きが本業のささめやさんの本は、こざっぱりとした粋な文章と、ふんだんに盛り込まれた素朴であたたかな挿絵がとても魅力的。いっぺんにそのしなやかな感性のファンになってしまった私でした。
とくに『かまくら文学スケッチ』の章は、ふむふむと知的好奇心をみたしてくれる愉快な読み物で一ばんのお気に入りです。鎌倉ゆかりの文豪たちのあしあとが、古都をお散歩するような雰囲気でぽくぽくとたどれます。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『バラはバラの木に咲く―花と木をめぐる10の詞章』 坂本 公延

図書館でこの本のタイトルを見た時、頭にうかんだ詩があって、それはこういう詩。
薔薇ノ木ニ
薔薇ノ花咲ク。

ナニゴトノ不思議ナケレド。
北原白秋さんの『薔薇』です。
この詩が私は大好きで、本をひらいてみると一ばんさいしょに紹介されているのがこの詩だったので、なんだかとてもうれしくなって借りてきたわけなのでした。

バラの木からはじまって、桜の木、柳の木、樫の木、月桂樹、いちいの木、楡の木、葡萄の木、ポプラの木、そしてしめくくりは、林檎の木。古今東西の文学作品から、花や木にまつわるさまざまな詩やことば、文章が紹介されている一冊。
著者の坂本さんは大学教授で、日本はもちろん英米文学にも精通していて、万葉集やマザー・グースからの引用、西條八十、島崎藤村、リルケ、ワーズワース、A.A.ミルン、アルフレッド・テニスンなど幅広くえらばれ比較・考察されています。岸田衿子さんや茨木のり子さんの詩も登場します。
‘文学論’の要素がつよくて、私にはちょっぴり肩が凝ってしまう読み物ではあったのだけれど、これまで知らずにきてしまったすてきな詩にたくさん出逢えたこと、とてもシアワセです。

あはれ花びらながれ
をみなごに花びらながれ
をみなごしめやかに語らひあゆみ
うららかの跫音空にながれ
をりふしに瞳をあげて
翳りなきみ寺の春をすぎゆくなり (三好達治『甃のうへ』より)

こどもはいふ
赤い林檎のゆめをみたと
いいゆめをみたもんだな
ほんとにいい
いつまでも
わすれないがいいよ
大人になつてしまへば
もう二どと
そんないい夢は見られないんだ (山村暮鳥『おなじく(「赤い林檎」)』)
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『変なお茶会』 佐々木 マキ

評価:
佐々木 マキ
絵本館
¥ 1,080
(2000)

今年も 例の招待状が届いた
こんな魅力的な書き出しで始まる変なお茶会のおはなし。

「ゼヒホンネンモ ウチソロイテ オイデクダサルオマチシテイマス。」
へんてこりんな招待状を受けとったヨコハマのオオイワ氏は電気自転車で、ライプールの理髪師スミラ君はゾウに乗って、ほかにもヤギに乗り、気球に乗り・・・世界じゅうのいろんな人びとがなにかに乗って、年に一度のお茶会のためトランスバールの城をめざします。大のおとながはるばるやってきて楽しむのは再会と、

――岩山からどうどうわき出る天然ココア!

きっととびきりおいしいんだろうなぁ・・・。てっきり紅茶や可愛らしいお菓子を想像してしまっていたからびっくりです。そうしてお茶の時間がすんだら「また来年」と言って帰っていく彼らのすがすがしさったら!
さばさばとユーモラスで、くすくす楽しい。ほんとうに「変なお茶会」。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『なんといふ空』 最相 葉月

評価:
最相 葉月
中央公論新社
¥ 620
(2004-06)
会社勤めをしていた頃の忘れがたい思い出「わが心の町 大阪君のこと」、小学生時代の不思議な体験「側溝のカルピス」、競輪の取材をしていた頃に出会った名選手へのオマージュ「鬼脚の涙」――懐かしく、切なく、甘くそして苦い記憶の数々を繊細な筆致で綴った珠玉の四十八篇。『絶対音感』『青いバラ』の著者による初のエッセイ集。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『猫と魚、あたしと恋』 柴田 よしき

猫は水が嫌いなのに、どうして魚が好きなんでしょう?
女の子は辛いこと、苦しいこと、めんどくさいことなんかみんな嫌いなはずなのに、なぜ、いつも恋を追い掛けているのでしょう?(あとがき)

9編の恋愛・結婚サスペンス。
不倫、万引き、ストーカー、のぞき、睡眠障害・・・皆どこかが少しずつこわれている、そんな女性たちが描かれています。一見、どこにでもいそうな女性たちだからこそ、そのこわれ方・こわれっぷりがひときわ怖い。
客観的に、小説としてならば万引きのお話やストーカーのお話がおもしろかったのですが、主人公とおなじ「ごく平凡な主婦」である私は、専業主婦がこわれていく『切り取られた笑顔』と『化粧』に思いのほか引きこまれてしまいました。

本当は、誰もみな同じなのだ、と思う。
本当は、みな少しずつ社会の時間とはずれて行く自分を知っている。僅かずつ、だが確実に狂っていく自分を見つめている。だが見ているだけでどうにも出来ない。どうにも、ならない。(『CHAIN LOVING』)
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『わたしを束ねないで』〔再読〕 新川 和江

女性のもつしなやかさな強さ、水のように雲のように変幻自在のおおらかさ。
解き放たれたい願望や、人生への問いかけ、あふれる母性。
女に生まれ、恋をして、妻になり、母になる・・・その折々の感情が、流れるように美しい日本語でうたわれていく詩集です。
『わたしを束ねないで』は私が中学生のころ大好きだった詩。教科書に載っていたこの一編の詩は、読むたびに私の時間をぐぐっと巻きもどし、心に湧きあがらせるあまずっぱくて懐かしいせつなさ・・・。

わたしを束ねないで
あらせいとうの花のように
白い葱のように
束ねないでください わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色(こんじき)の稲穂 (『わたしを束ねないで』より)

この詩を朗読してくれた先生はもう亡くなってしまったし、少女だった私は大人に、そして妻になりました。これから先も――たとえば母になり、おばあさんになっても――私のなかで色褪せることはきっとないのでしょう。
ほかにも、『Cinzano』、『外出ぎらい』、『骨の隠し場所が・・・』などなど大好きな詩がたくさん収められているこの本は、淡い小花柄の表紙が見た目にもかわいらしい手のひらサイズのハード本。女性にはとくにおすすめの一冊です。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『桜の森の満開の下』 坂口 安吾

ふんわりと淡いピンクが風にそよいで、髪に肩にはらりと降りかかる花びらたち・・・満開の桜に目をうばわれる、そんな季節に読み終えた本。
『小さな部屋』、『禅僧』、『閑山』、『紫大納言』、『露の答』、『桜の森の満開の下』、『土の中からの話』、『二流の人』、『家康』、『道鏡』、『夜長姫と耳男(ミミオ)』、『梟雄』、『花咲ける石』。13編を収録した短編集です。
『夜長姫と耳男』など忘れられないお話は他にもありましたが、圧巻なのはやはり表題作。咲き乱れる桜の森を背景に、山賊の男と彼を虜にする美しい女の、背すじがしんと冷えるような情愛の関係が静謐な文章で紡がれていきます。

日本人を惹きつけてやまない、桜の花の魅力と魔力。
満開の桜はたしかに美しいのだけれど、その奥には怖さをも秘めているという事実。
人の生首で戯れる女と幻想的な桜を対比させた物語は、なんとなく梶井基次郎さんの短編小説の出だしの一文「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」を思わせゾクゾクしました。
頭のなかに映像をうかべながら読み進んでいくと、その光景が美しければ美しいほど、そして、そこに妖艶な匂いが濃厚になればなるほど怖い世界につながっていく、そんなちょっとあぶない美しさに酔いしれてしまいそうです。

「花の下は涯(はて)がないからだよ」
物語の終わりに、私たちはただぼんやりと虚空をみつめるばかりなのです。
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -
 
 

『主題歌』 柴崎 友香

評価:
柴崎 友香
講談社
¥ 1,365
(2008-03-04)

ピンクのばらが描かれた、春らしいきれいな装丁。
カバーをはずすと本体にはイエローのばらが。こんなさりげない気遣いが嬉しくて、乙女ごころをくすぐります。

だけど、ストーリーは、ちょっとつまらなかったかな・・・。
キャラクター商品をつくる仕事をしている「女子好き」の実加が、お家で同僚たちと「女子限定カフェ」をひらいて盛り上がったりするお話です。
かわいい女の子やきれいな女優さんは私も大好き。友達にもかわいい人が多いし、彼女たちと‘ガールズトーク’するのも楽しい。でも、お話そのものは展開もとぼしく、私には退屈なものに思えてしまったのです。
そのぶん、日常のふつうなら忘れてしまいそうな些細なことまできちんと書きこまれているので、小さな心当たりがいくつも見つけられたのはよかったのだけど。

主人公の視点でずっと書かれていながら、ところどころ、ほんの一瞬だけべつの人の視点が入ってきて、あれっ、なんて止まってしまうことがたびたびありました。それは斬新でもあり、読みづらくもあったのです。


サイン本です↓
Author: ことり
国内さ行(その他) | permalink | - | -