『おそろし山』 アイナール・トゥルコウスキィ、(訳)鈴木 仁子

評価:
アイナール トゥルコウスキィ
河出書房新社
¥ 2,100
(2012-11-28)

だれも登ったことがなく、これからも登りそうにない、おどろおどろしい山。前人未踏の道を行くものだけが知る、孤独と愉悦。
独自の世界を切り開く作家による最新作!

(原題『DER RAUHE BERG』)
Author: ことり
海外タ行(トゥルコウスキィ) | permalink | - | -
 
 

『月の花』 アイナール・トゥルコウスキィ、(訳)鈴木 仁子

評価:
アイナール トゥルコウスキィ
河出書房新社
¥ 1,890
(2010-03-25)

たいそう古びた石の屋敷に、ひとり住む男。
広い庭は草花で埋め尽くされ満ち足りていた男だが、不思議なことに、つぼみのまま咲かない花に気がついた。
そこで男は、突拍子もないことを思いつく――

まっくら、奇妙にしずか』のアイナール・トゥルコウスキィさん、待望の新刊。
すみずみまで手抜かりなく描かれた、独特の精緻な精緻な鉛筆画にまたもや心うばわれてしまいました。
生け垣にぽっかりあいた漆黒のトンネルを抜けるとそこは、異次元にまぎれ込んだかのような夢幻の国。空をとぶ巨大な魚たち、カシャカシャとかすかな音をたてて動きそうな――脆弱なプロペラやぜんまいがくっついている――おもちゃみたいな昆虫や獣たち。こんな世界を描ける人は、トゥルコウスキィさんをおいてほかにない。

あの手この手をつくしても、咲く気配なく、じっと身をとざしたつぼみ。
大きな満月、プラタナスの葉かげ、宙を舞う蝶のりんぷんのような光の粒子。
そんな夜にふわあ・・っとやわらかにまぼろしの花が咲いて――・・・
しっとりと幻想的な月夜の残像がいつまでも消えない、美しすぎる大人の絵本です。

(原題『DIE MONDBLUME』)
Author: ことり
海外タ行(トゥルコウスキィ) | permalink | - | -
 
 

『まっくら、奇妙にしずか』 アイナール・トゥルコウスキィ、(訳)鈴木 仁子

評価:
アイナール トゥルコウスキィ
河出書房新社
---
(2008-07-12)

いつの話なのか、どこの話なのか。
いつかどこかで起こりそうな、雲をつかむような話。
不思議な男は、きょうもどこかで漁りをつづけている――ブラティスラヴァ世界絵本原画展2007年グランプリ受賞作の素晴らしい絵本。

この精緻な精緻なモノクロームのイラストたちが、たった1本のシャープペンシルで描かれている、そのことにまず目をみはりました。
たった1本のシャーペンで、3年間をかけて。消費された芯はなんと400本。気の遠くなるほどの時間と労力が費やされた、ほとんど狂気ともいうべき仕事。
目の前にひろがる機械じかけの奇妙な世界――雲をとらえる装置、不思議な顔した魚、洋服のしわのひとつひとつまで、じっくりと見入ってしまいます。白黒の濃淡だけで、金属の質感や風の匂い、木々の緑までも感じられるなんて。

どこからともなくやってきた不思議な男を、双眼鏡でのぞき見てはひそひそと噂しあう住人たち。
じりじりとにじり寄る不穏な影。人びとの愚かでみにくい欲深さ。
そんな恐るべき「まっくら」にシャーペン1本で対峙していた背中を思うと、さらに深い孤独の闇に吸いこまれてゆきそうです。大人の絵本。

(原題『ES WAR FINSTER UND MERKWÜRDIG STILL』)
Author: ことり
海外タ行(トゥルコウスキィ) | permalink | - | -