『熊とにんげん』 ライナー・チムニク、(訳)上田 真而子

あるとき、ひとりの男がいた。男は熊を一とうつれていた。どこからきたのか、男はいおうとしなかったし、なんという名まえなのか、だれにもわからなかった。人びとは、ただ<熊おじさん>とよんだ――絵と文章の同時進行による独自の表現スタイルで知られるチムニクが24歳の時発表した、瑞々しい感性のきらめく処女作!

たまらなく、好み。奥が深くてほんとうに素晴らしい物語でした。
熊おじさんはふたりの友だち――ひとりは熊で、ひとりは神さま――と村から村へとわたり歩きます。鉄のフライパンと角笛と七つのまりをもって。ゆっくりと、いつもおなじ、ひと呼吸に三歩の足どりで。
熊はおどりができ、おじさんは七つのまりでお手玉ができるので、広場で人を集めて芸をします。そして(ここが重要なのですが)、熊とおじさんはお話ができます。おじさんには熊のことばが分かるのです。
「ねえ、おじさん。ぼくのおどり、どう?うまいだろ、ん?」
「うまいぞ、メドウィーチ。いい調子だ!」
お話のすべり出しは順調です。ふたりの芸は喝采をあび、日が暮れると泉のそばでふたりは食事をします。熊はおじさんにお話をせがみ、それが終わるとおじさんは、きまったひとつの音しかでない角笛で歌を聴かせます。銀(しろがね)の玉をころがしたように澄んだメロディーが夜の森にこだましました。
そんなふうに前半はとてもほほえましく、とちゅう奇妙な魅力のにわとり屋が加わったり、なにかとじゃまをしてくるドゥダの連中との闘いすらも愉しいものなのですが、長い年月が過ぎ、町をゆく車の数がどんどんと増えた頃、あるできごとをきっかけに物語は深い哀しみを帯びた淋しいものになってゆきます。

処女作からもうすでに魅力的な、チムニクさん特有の、繊細で愉快なペン画。森の木々が、渡り鳥が、農夫たちが、裸おどりの女たちが、野犬の群れが、そして子どもたちが生き生きと描かれ、おじさんと熊の旅する日々を彩ります。
どこまでも続く一本道。ひと呼吸に三歩の足どり。おじさんの、迷いやまじりけのないまっすぐな人生にうたれ、熊の淋しさや、思い出にすがる気持ちが胸にジンジンしみたとき、私は心が何かせつなくあたたかなものですっかりみたされているのを感じました。それは誰かを愛するときの気持ちにも似て――気のせいかしら、私はその時かすかに角笛の澄んだメロディーを聴いたのです。

(原題『Der Bär und die Leute』)
Author: ことり
海外タ行(チムニク) | permalink | - | -
 
 

『ビルのふうせんりょこう』 ライナー・チムニク、(訳)尾崎 賢治

評価:
ライナー・チムニク
アリス館
---
(1976-10-28)

主人公は、空をとんでみたくてまいにち空ばかりみあげている少年・ビル。
夢のなかでは翼がはえてとんでいけるのに、いつもそこで目覚めちゃう。
ふうせんを6こ買って屋根からとんでみたら、どしーん。足の骨が折れちゃった!
「ああ どうすれば もっとたくさんの ふうせんをあつめられるかな」
ビルはいいことを思いつきました・・・!

空の青さがとっても美しい絵本です。
これまで私が手にしてきたチムニクさんの絵本(絵物語)は、モノクローム線画だったり、色つきでもバックが白地だったりしたので、画面いっぱいに絵の具が塗られたこんなカラフルな絵本を手にしてちょっと興奮しています。
いろとりどりのふうせんたちと、抜けるような青空、きもちよさそうな白い雲のコントラストが素敵。空から見下ろした町の、首かざりのような夜の灯りも、朝日にかがやく積み木のような家々も・・・。
でも、うっとりしていたのもつかのま、町の人びとを騒動に巻き込んでいくのはやっぱりチムニクさんらしいところ。この‘らしさ’が好きなの、私!

(原題『BILLS BALLONFAHRT』)
Author: ことり
海外タ行(チムニク) | permalink | - | -
 
 

『レクトロ物語』 ライナー・チムニク、(訳)上田 真而子

クレーン男』で、クレーン男の友だちとして出てくる夢みがちのレクトロが主人公。
ぷかぷかと色とりどりのふうせんをふくらませるみたいに、いつも新しい自分を夢みているレクトロ。
道路掃除夫、駅長代理、楽団員、郵便配達夫、消防士、飛行船のビラまき係など、さまざまな仕事につきますが、そのたびに奇妙な事件がふりかかり、どの仕事も長続きしません。けれどもレクトロはちっともへこたれず、また思いついた新しい仕事に大はりきりでとり組んでいくのです。

「バカンスみたいな気分ですよ」レクトロが叫びかえした。「そして、うっとりと夢にふけっていられます!」
「どんな夢にふけっているんだい?」
「大空と椰子のこと。それから、海はまっ青だろうなって!」

レクトロの言葉を借りるなら、「すべてがやわらかに透きとおり、この上もなく美しい響きとともに消えてしまう」夢そのものの物語。くすくすと楽しくて、それでいて人生の大切なことに気づかせてもくれる不思議なリアリティがあります。
ふんだんに盛り込まれた、細密で愉快なペン画がなんとも贅沢な一冊。

(原題『GESCHICHTEN VOM LEKTRO / NEUE GESCHICHTEN VOM LEKTRO』)
Author: ことり
海外タ行(チムニク) | permalink | - | -
 
 

『タイコたたきの夢』 ライナー・チムニク、(訳)矢川 澄子

評価:
ライナー チムニク
パロル舎
¥ 1,680
(2000-12)
むかしむかしのこと、大きなもりの中にぽつんとある町の通りを、1人のタイコたたきがねり歩き、さけびだした。
「ゆこう どこかにあるはすだ もっとよいくに よいくらし!」
ユーモアあふれる物語。81年刊の新装。

さいしょは一人だったタイコたたきが、ひとり、またひとりと増え、鈴なりになって町をねり歩きます。
やがて何百何千にもふくれあがったタイコたたきたちは、よいくに・よいくらしをもとめ三尺ほどの角材をめいめいにかついで(なにに使われるのかは読んでみてのおたのしみ!)、タイコをたたきながら住み慣れた町をでていくのですが・・・?

ユーモラスではあるけれど、笑ってばかりもいられない、どこか哀しさをふくませた雰囲気がただよっています。
タイコたたきたちは後ろなんてふり返らず、ひたすら前進するばかり。そのとちゅう、よその国との争いが起こり、たくさんの仲間が死んでゆきます。歩きつづけ、やせほそり、へとへとになって、上には空、わきにはタイコ、ゆくてにつづくはるかな道、そのほかのことは――地球がまんまるなことすら――忘れてしまう始末なのですから。
「ゆこう どこかにあるはすだ もっとよいくに よいくらし!」
夢みる人、夢などさいしょからみない人、夢を追い求める人、そのとちゅうで挫折する人。みんながみんな、夢をかなえられるわけじゃない――この小さなお話に、そんなシビアな社会の縮図をみた私です。

(原題『DIE TROMMLER FÜR EINE BESSERE ZEIT』)
Author: ことり
海外タ行(チムニク) | permalink | - | -
 
 

『セーヌの釣りびとヨナス』 ライナー・チムニク、(訳)矢川 澄子

評価:
ライナー チムニク
パロル舎
¥ 1,785
(2002-09)

セーヌの川べりで釣りをしているヨナスに、神さまが授けたアイデアは「大きな魚を釣る方法」。ブタほどもある大きな魚を釣ったヨナスは、セーヌの釣りびとたちの反感をかいパリを追い出されてしまいます。
世界中を旅して歩いて、いろんな国で歓迎され、大きな魚の釣り方を教えてまわるヨナス。お金持ちにもなったし、いくらでも大きな魚が釣れるけれど、もう大好きなセーヌ川でちっぽけな魚を釣ることはできません・・・。

ヨナスが年月をかけて、大切なことに気づいていく物語。
チムニクさんの本は寓意的なものでも、「こんなふうに生きなさい」「これがいちばん正しい」そのような押しつけがましさが伝わってこないところが好きです。
そしてなんといってもこの味のあるペン画・・・線と線のあいだの色のない空間から、読み手にゆだねられた自由な色や、旋律さえ、聴こえてくるような気がします。

(原題『JONAS DER ANGLER』)
Author: ことり
海外タ行(チムニク) | permalink | - | -
 
 

『くまのオートバイのり』 ライナー・チムニク、(訳)大塚 勇三

かわいい!だいすき!この絵本、ほしい!
思わずとり乱してしまうほど、大好きになってしまった絵本だけれど・・・残念ながら絶版。ユーズドもあまり出回ってはいないみたいです。

サーカスでオートバイに乗っているふとったちゃいろのくまが、ある日小さな子どもの「あのくま、ばかだ!ぐるぐるまわるしかできやしない!」というひやかしに腹をたて、オートバイに乗ったままラタタタ・・・とサーカス小屋を脱出。そのあとをサーカスのみんなが追いかける、そんなにぎやかで楽しいストーリー。
単純なお話?そうかもしれません。でもこのくまの人間くささ(ふてくされた表情!)、オートバイに腰かけるくまのキュートさ、人間たちの慌てぶりがたまらないのです。なんともいえない味のあるイラストをながめているだけでも愉快だし、おまわりさんが笛を落っことす場面なんて、ほんと最高に可笑しい。
 
「だいじなのは かっかとしないこと。だいじなのは おちつくことさ」

訳者解説によれば、作者のライナー・チムニクさんは、『クレーン男』『タイコたたきの夢』『セーヌの釣りびとヨナス』などのモノクロームの絵物語を書かれたあと、この『くまのオートバイのり』のような色つきの絵本もつくるようになったそうです。
本屋さんで入手できないものもたくさんだから、せめて図書館に置いてあるすべてのチムニク作品を読み尽くしたい・・・これ、私のいまのひそやかな野望なの。

(原題『Der Bär auf dem Motorrad』)
Author: ことり
海外タ行(チムニク) | permalink | - | -
 
 

『クレーン男』 ライナー・チムニク、(訳)矢川 澄子

評価:
ライナー・チムニク
童話屋
---
(1981-03)

世界の終わりと再生を見届けたクレーンと、そのクレーンをこよなく愛した男の物語。

町にクレーンがすえつけられることになり、クレーンの係に任命されたのは誰よりもクレーンにほれこんだ男でした。
彼はクレーンに乗ったままで暮らし、毎日とてもよく働きます。海賊がやってきたり、サーカスの象が逃げだしたり・・・戦争があってまわりがすべて海にのみこまれてしまっても、どんなときも彼がクレーンをおりることはありませんでした。いつでも整備を怠らず、仕事をつづけたのです。
ここには一人のプロフェッショナルの姿があります。その楽しく困難な一生が、自由奔放なペン画(これがほんと素敵!)と軽妙な文体でやさしく語られていきます。孤独だけれど、淡々とせつなく過ぎてゆくけど、とてもとても愛らしい寓話。
とくに大好きで、なんどもくり返し読んでしまったのは、サーカスのけものたちが暑さのせいですっかりおかしくなり、あれくるうところ。クレーン男の友だちで、のんびり屋のレクトロが、お花畑で一人うっとりとたのしい夢にふけるのも好き。

それにしても、矢川さんが訳された本にはハズレがない、そう思います。
私のなかで石井桃子さんや柴田元幸さんもそうなのですが、素晴らしい原作と素晴らしい訳者というのは目に見えないなにかで繋がれていて、運命なんて言葉では片づけられないほどのつよい力で引きよせ合っている・・・そんな気にさえなってしまう。この本の翻訳も、ほんとうに素晴らしいです。


サイン本です↓


(原題『DER KRAN』)
Author: ことり
海外タ行(チムニク) | permalink | - | -